teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:9/47 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

総会書記記録(1)

 投稿者:橋本@みどりメール  投稿日:2003年 5月25日(日)06時18分2秒
  通報
  ● 学保連総会
・日時:5月24日(土)午後3時~4時15分
・場所:市民会館(商工会館)3階 会議室

■会長挨拶:納見敏明会長挨拶
・忙しいから子どもを預けているので、学保連をやるのも大変だけど、いやがらずに、助け合い、子育てを豊かにしたい。
・小金井市は、かつては「日本一」の水準を誇ったが、近年は指導員のリストラもあって、そうとも言えなくなってきた。
・最近は、学童保育所の「法制化」で、他の市町村が追い上げるいっぽう、小金井市は厳しい財政があって学童も難しくなっている。
・学童保育所の「民間等委託化」が計画され、今年の夏にも児童福祉審議会への諮問が予定されている状況だ。
・父母の方々へのご協力をお願いしたい。
・私自身も最初は「なぜ、行事、行事といろいろあるのか?」と思った。しかし小学生になると子どもの行動半径も人間関係も広がるので、親のつながりも大事なのだと思う。

■来賓挨拶:古谷健太・三多摩学童保育連絡協議会事務局長
・指導員の「身分を問わない」、補助金の出し方で、正規職員が非常勤職員化される。
・全児童対策もあって、学童保育が細ってきている傾向もある。
・「ひとりぼっちの子ども、ひとりぼっちの親」が出ないような、学童保育を。
・「法制化」で、全国的に経験の無い指導員さんが増えていて、全国協の「指導員学校」も大事になってきた。
・国は「一カ所年間50万円」しか補助金を出さない状況。市町村の財政も大変。親として、何を守りたいか、ハッキリしていかなければ成らない。

■議長団選出。
推薦によって、下記の人々を選出。
議長:石黒さん(まえはら学童)
書記:橋本(みどり学童)

■定足数の確認。
・会則によると、今年の場合は総会の定数が75人だが、その過半数の、66名の出席者があるので、総会は成立した。

■議案1.活動報告
1.2002年度全体の活動報告が納見会長によって行われた。
・2002年度の出来事を紹介し、各学童の活動は議案書を見てもらうことで済ませる。
2.三多摩連絡協議会の報告が、担当の児玉副会長(さわらび)によって行われた。
・全国や三多摩の研究集会などの活動が報告された。
3.保問協の報告が、担当の西田副会長(さくらなみ)によって行われた。
・福教連については、活動が無かった。
4.広報の報告が、中田広報部長から行われた。
・代表者会議の議事録は、広報部員で手分けして行った。
・「全国研」の6回の連載を載せた。
・反省は、発行が遅れて「次の代表者会議」(一ヶ月遅れ)になってしまった。号外2号は、迅速に配布してもらった。
5.キャンプ安全講習会の報告が、石井事務局長からあった。
6.子どもまつりの報告が、担当の西澤部長から行われた。
・協力券やプラ板の店だしの協力に感謝している。
7.学保連運動会の報告が、ほんちょう学童の中川さんから行われた。
・ほんちょうの人数が少なかったが、4月には内部の第一回運動会実行委員会を行って、校長とも話を進めた。
・狭い校庭で、ご迷惑をおかけした。
8.『日本の学童保育』誌の報告が、担当の永鳥事務局次長から行われた。
・38部→44部に増やした。個人購読をお願いしたい。半年分でもいい。一回飲みに行くのを我慢したらいける。三多摩連協の資金源にも成っているのでカンパの積もりで取ってもらいたい。
9.『子育てパンフ』の報告が、担当の馬場専門部長から行われた。
・父母会の元気な姿を紹介した。頼まない記事までぼんぼん来た。3月に発行できた。


■■議案2.会計報告・会計監査報告
・小林会計部長から報告があった。
・佐藤会計監査の監査報告を、納見会長が代読した。
・会計年度が、昨年の4月1日から始まるべき所、実際には前回総会のところから始まっている。

■■★議案1,議案2が、拍手で承認された。

↓下に続く。
 
 
》記事一覧表示

新着順:9/47 《前のページ | 次のページ》
/47