teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


なにもかも懐かしい

 投稿者:1年5組出席番号、忘れたw  投稿日:2016年11月27日(日)09時46分20秒
返信・引用
  全学年で竹田先生のクラスでした。
ただし、3学年の時は福担任やったけどね。
新卒で赴任されてきたから僕らと年も近いし、
先生自身も大変なことが多かったと思います。
怒らせたことも、泣かせたこともあって。
みんな、いい思い出やけどね。
 
 

『お疲れ様でした♪』

 投稿者:つよっちゃん  投稿日:2016年11月20日(日)16時03分14秒
返信・引用
  昨日は楽しい時間を過ごさせてもらいありがとうございました。
幹事さんとして色々動いてくれてた方々、本当にお疲れ様でした。
日々忙しい中、企画・立案・連絡・手配・調整等々大変やったことと
思うだけにとても感謝してます。

僕自身以前から痛めてた変形膝関節症の手術に向けて昨年冬から
血糖値コントロール・夏には細菌性肺炎・10月には人工関節置換手術と
入院が続いてて、また休日は親父の看病のことなんかも有って
幹事どころか集まりに参加させてもらうこともここ数年遠のいてたんやけど
久し振りに参加することが出来て楽しかったです♪

竹田先生のお隣で色々話をさせて頂いたけど『広島から神戸に来たけれど
初めてが神陵台中学校だったから長い間教師を続けられた』
『みんなのお父さんやお母さんも新卒の教師に対し色々言いたいことは
有っただろうけど自分の娘みたいなものだから・・と温かく接して下さった』
と我々の親に対して感謝の言葉も述べられてました。

これから年末に向かいそれぞれが忙しくなる時期で、若い頃のようにいかず
疲れがいつまでも取れなかったりの年齢ですが、無理をし過ぎないように
頑張りましょう~。

取り急ぎ感謝の書き込みでした♪
 

集まった

 投稿者:アジヤンのオッサン  投稿日:2016年 2月20日(土)20時46分33秒
返信・引用
  知らんけど 15名  

陰謀 策略?!

 投稿者:アジヤンのオッサン  投稿日:2015年 7月21日(火)14時54分29秒
返信・引用
  皆さん スマホのガラス壊した事は(?_?) 高いよネェ所詮 使いこなす要領なんて ガラケイと違い無いのに ¥10800か?! これだけありゃ…  

ムコタン あの若い女と

 投稿者:アジヤンのオッサン  投稿日:2015年 4月19日(日)21時34分6秒
返信・引用
  妙法寺のマンション以来か??身長伸びたんやろか?? 横に伸びた君 前にも伸びた君 今日は 久々に カズミチャンよりメールあり どうやら 女子会を予定している様子 ちょっと待て ちょっと待てお姉さん! ヒドイ ひどすぎる しくしく泣き崩れる哀れな私?  

◯◯浩探検隊 外伝

 投稿者:暫定会長  投稿日:2015年 4月 1日(水)11時24分44秒
返信・引用
  冒険小説の巨匠、渾身の一筆。
「スペクトルマン  」もとい  スペクタル・ロマン溢れる冒険ドキュメンタリー「◯◯浩探検隊」遂に!感動の最終章(前編・後編)。

これまでの、あらすじ・・・
世話好き(面倒見が良いともいう)暫定隊長ヒ◯◯カが、お供の二人(ゴリとラー)を従えて、目的地である秘境「◯吉」を目指すところからこの物語は始まる。
目的地到着までには、幾多の困難(日程調整・探検費用捻出・席確保など)が待ち受けていたが、三人のチームワーク(友情または絆ともいう)は、すべての困難に打ち勝ち、無事目的地に到着するわけだが・・

目的地は竜宮城さながらに
「◯向」さんのご馳走に、鯛や比目魚の舞踊り、つられて近江の牛も舞踊り、ただ懐かしくおもしろく、時間のたつのも夢のうち、笑い疲れて気がついて・・・
(童謡  浦島太郎引用)

本編

我々、◯◯浩探検隊 改 “うしろ髪ひかれ隊”のバカ3人組は、店主一家(◯◯浩、奥さん、娘さん、お孫さん)の見送り(眼差し)を背中に受けながら、それぞれの思いを胸に秘め夜の街中へと歩調を早めた・・・(トボトボ・・ズルズル・・)


F原   :「じゃぁ 次行くぜ! 二人ともまだ大丈夫やろ!」

これより遡ること10分前

ヒ◯◯カ:「ム◯タ◯、今日はありがとう!ほんま美味かったし、腹いっぱいやわ。」
◯◯浩   :「ほんま?お腹足りた?うちは量だけは多いねん。」
F原       :「ウン、ム◯ヨ◯ありがとうネ。十分やったぜ!満足したョ。」(ギリ、ハードボイルド風)
フ◯◯ド:「ム◯ヨ◯、今日は急に押しかけて世話かけたね。会えて良かったわ。大変やと思うけど頑張りョ。また寄させてもらうわね。」

と、こんな感じ(心もお腹もチョー満腹)で、「◯向」を出たはず・・・

F原   :「じゃぁ 次行くぜ! 二人ともまだ大丈夫やろ!」
フ◯◯ド:「行こかぁ、どこ行く?」
(静かなBAR辺りに行くと思っている。)
ヒロオカ:「かまへんよ。」
(同じく、BARみたいな所へ行くと思っている)
F原   :「オーケーィッ!店は任しときなよッ!ちゅーねん!行きつけの串カツ屋に連絡入れるぜぃ!!」(もはやハードボイルド風では無い。)

オイオイ おーい!!!(焦)
腹いっぱいとちゃうんかぃ!?
「十分やったぜ!満足したョ。」ってのは・・・(汗)
あれだけ食って、まだ串カツかいッ!

ことが決まれば、F原隊員の動きはおそろしいほどに俊敏(探検隊でもトップ級)おもむろにトランシーバーを取り出したかと思うと太めの指を巧みに操り、ピポパピポパピ

F原   :「オゥ!F原っす!◯◯君?今から三人行けるかな?  ふむふむ・・・ふむふむ。そうなんやぁ、忙しいとこ悪かったね。」
「あかん・・・」

人気店の様で、入店不可能。
グルメ隊員F原の馴染みの店だけに、断られると残念な気もする。

F原   :「じゃあ元町でもいい?少し歩くけど良いとこあるんよォ。」

いかに 隊長とはいえ、アタマに暫定が付くヒ◯◯カの能力では、もはやなす術もなく、エヴァンゲリオン初号機の如く暴走し始めた隊員の統率は不可能な状況となった・・・

              後編へ つづく・・・かも?

《後編予告》

仮題:「どの口が言うとんじゃい!! フ◯カ◯フ◯エや!ないかいっ!」

「男と女の事件簿  平成版」
驚愕の真実に迫る !!

                    Coming Soon!!...










 

◯◯浩探検隊 再会編

 投稿者:暫定会長  投稿日:2015年 3月28日(土)15時26分32秒
返信・引用
  我々(バカ)3人組は、その存在を店主に悟られぬ様、左膝に爆弾を抱えるF原隊員を先頭に、慎重かつ大胆に予約席へと攻め込んだ。

いよいよ対面の刻・・・

ヒ◯◯カ:「よぉ!ム◯タン」
◯◯浩   :「オォーーッ!オーーー」(戸惑いからビックリしたなぁ~もぅ・・みたいな、
それでもって嬉しそうな表情が見てとれた。)
ヤッタッー!!
探検隊ミッション① クリアー??

ヒ◯◯カ:「わかる?」
◯◯浩   :「ヒ◯◯カやろ!わかる!わかるョ!」
ヒ◯◯カ:「この二人もわかるぅ?」
◯◯浩:「そら、わかるよ!F原やろ。それからフ◯◯ドやんかー!」
F原「オゥッ!久しぶり」(ハードボイルド風ではあるが、若干ハニカミ気味)
フ◯◯ド:「ム◯ヨ◯久しぶり。ほんま会いたかってん・・・元気そうやね?ええ店構えてるな。etc」(気持ち伝え上手!横で聞いててグッとくる程。)
◯◯浩:「元気でやってるよ。今日はありがとう!ビックリしたわ」
「そやけど、ヒ◯◯カは変わってないなぁ~ あの頃のまま大きなった感じやなぁ」(遠い目で語りかけられたみたいな。)
「フ◯◯ドは、大分変わったよな。いや、ほんま変わったんちゃう。」
フ◯◯ド:「そう?そっかなぁ?デヘヘ・・・」
(おおッと・フ◯◯ド隊員、何故だかほくそ笑んでるゾーーー!。おいッおいッテメエはなにを考えてんだ?   おおよそ、フ◯◯ド隊員の頭の中は・・・“大分変わったなぁ = ずいぶん素敵に年を重ねてるなぁ??  ”そんなとこだろう、、、)
◯◯浩:「それに、F原も・・・・」
(貫禄メーター振り切ったF原隊員の容姿に後の言葉飲み込んだみたいな。)
F原    :「ん?ん?」
(◯◯浩の言葉を待つが、続く言葉は無く、◯◯浩は調理に専念みたいな。)

等々、久しぶりの再会を果たし、
探検隊ミッション②クリア??

数十年ぶりに果たした再会の余韻に浸りつつ「◯向」おまかせ懐石に舌鼓をうちながら刻は過ぎて・・・

                   早送り・・・

フ◯◯ド隊員の書き込みにもある様に、出てくる料理一品一品の味・食材への拘り・おまかせ懐石コースのボリューム・家族連携の接客サービス、どれをとっても★★★★★。

                    早送り・・・

我々、3人の探検家(バカ3人組)は
この夜の冒険を生涯忘れることはないだろう・・・



〈次回、感動の二次会編へ
                                   つづく・・・〉









 

厨って「くりや」と読むのね

 投稿者:てるくん  投稿日:2015年 3月26日(木)20時17分50秒
返信・引用
  いやはや…

ザンテ~会長がなかなかの力作カキコで 浩吉向クンのお店の紹介と
もーすぐ55歳になる バカ3人の探検隊の模様を描いてはります。。。
オモロイやん

申し遅れました バカ3人組の1人 てるくんです。

吉向クンとは 丸々40年振りの再会で どーしても会いたかった同窓生の1人。
小学生の頃から 吉向おばちゃんにも色々お世話になり よく家にも遊びに行った。
レコードプレイヤーみたいな形した「リコーのマイティーチャー」なる磁気シートの学習機器が 彼の部屋には鎮座しており ホコリを被らないよーに 大きなレースのハンケチが掛けてあった。
彼の成績は ボクとチョボチョボだったハズ。
きっとレースのハンケチをどかす機会は ほとんどなかったんやろな~

いつの時代も親の投資はムダになるもんやね…カナシィ…!

そんな 吉向クンが 毎日ランチも夜も予約で満席の「厨 吉向」の店主やと。。。
食べログでも評価の高いお店で 店主より背の高い美人の奥さんと もうすぐ2人目のお子さんが産まれる娘さんと ニヒルな板さんと4人で切り盛りしてはりました。

人生の成功は「リコーのマイティーチャー」より 社会人になってからの努力と家族の支えで手に入れられるんやね… ウラヤマシィ…!

そんな「吉向」のオマカセ懐石は 出てくる料理 全て産地にこだわっており 給仕の都度 「何処何処産の何たら」と店主自ら 丁寧な説明をしてくれるのだが こちとらガサツなバカ3人組にはチンプンカンプン?。。
でも どの料理も美味しく 見た目もスバラシイ!

キビキビ働く 懐かしい同窓生の姿に 料理の味と共に 感動した良い夜でした‥‥

皆さんも是非一度 「厨 吉向」いかがっすか?
料理も店の雰囲気もバッチグー!ですよ。。。(古い??)

バカ3人は 吉向を後にして 2軒目で ハイテンションのバカ話。。。

ハードボイルドT指導長の「泡ランド」爆笑話とか…

世話好きザンテ~会長の「バイ◯グラ」驚愕話とか…

ドン引きされるよーなバカ話で 夜は更けていきました…とさ…
 

◯◯浩探検隊 突入編

 投稿者:暫定会長  投稿日:2015年 3月24日(火)21時54分21秒
返信・引用
  GPSを頼りにハンズからトコトコ、ヨタヨタ・・(隊員F原は限界点にまで膨張しつつある身体の重量負荷と長年に及ぶ若手運輸隊員への過度な膝蹴りが原因で左膝損傷中)と歩き、ほどなく目標地点近辺に到達。

夜の部(開店時間/18時)の開店10分前に目標地点に到着するも、入口には準備中&本日満席の看板が・・・
(食ログの評価通り、予約で満席)

我々3人は、まさに人跡未踏の地(秘境の地)へ足を踏み入れる探検隊の様な気持ち(はやる気持ち)を抑えつつ、暫し「◯向」の前で待機。
開店8分前(ドクン!ドクン!)・・・
開店7分前(ドクン!ドクン?? 数十年ぶりの再会に緊張MAX)
ヒ◯◯カ:「そろそろ入る?」
フ◯◯ド:「早いけど行ってみぃ」
F原         :「・・・」(いつもながらのハードボイルド風、今のところ寡黙)

少し早いが、我慢出来ずに入口扉を遠慮がち(おそるおそる)に引き、強行突破決行??
ヒ◯◯カ:「スミマセ~~ン??」(遠慮がち)
女性店員:「ハイッ!いらっしゃいませ!」
ヒ◯◯カ:「6時に予約してたF原です。少し早いんやけど入れてもらっても大丈夫?」
予約時に、フ◯◯ドやヒ◯◯カの名前では直ぐに正体バレの懼れがあるため、比較的よくある名前F原を使用。
(探検隊ミッション①:突然の来店でビックリさせる、または喜ばせる。)
女性店員:「聞いてみますので、暫くお待ち下さい。」(若いが丁寧な対応)

しばし待機

ヒ◯◯カ:「この入口、えらい低いけど従業員さんの勝手口やろか?ここで待っててもええんかなぁ・・・」
フ◯◯ド:「他に入口無かったで、ここでええんやろ。」(現場周辺を素早く確認済。さすがや??)
F原        :「・・・・」(あくまでもハードボイル風 まだまだ寡黙)

ほどなく、少し年配(我々と同世代)の女将風女性と先ほどの女性店員さんが現れ、丁寧な来店御礼の口上があった後・・・
女将風:「いらっしゃいませ!F原様のお席はカウンター席の一番奥になっております。」との入店許可を取付けることに成功!いざ!突入の時が??(後刻、女将風女性が◯◯浩の奥さんで、女性店員は娘さんと判明。)

予約時には、抜かりなくカウンター席を指定。(探検隊ミッション②:食事をしながら◯◯浩と昔話で大いに盛り上がる。)

我々3人は、入口より奥へと伸びる、カウンター沿いに最奥地にある予約席を目指すべく奥へ奥へと進入するが、店主◯◯浩は厨房奥で何やら仕込みに夢中の様子、未だ我々の突入に対し全く無防備な状況・・・
(まさか、まさか、何十年ぶりの再会となる同級生が来店してるとは夢にも思っていない!進入成功の手応えあり??)

店内は、外観同様に和風の落着いた感じの雰囲気で、カウンターに10席ほどと4人掛けテーブル席が1つ配置され15名くらいはの人数であれば、ゆったりと座れる。(同級生の集まりでも使えるぞ。)テーブル席は店内最奥地に設置されており、カウンターが中心となっている。
そして、調理場とカウンター席の間には仕切りの様なものが無く、調理場・カウンターが面イチのレイアウト。
こんな風に、カウンターから調理場が見渡せるレイアウトが出来るのは、料理人が包丁捌きに自信を持っており、尚且つ、厨房の掃除も行き届いている現れか??(ウムム・・・やるな??)

〈つ づ く・・・〉



 

????浩探検隊 通信兵編

 投稿者:暫定会長  投稿日:2015年 3月22日(日)18時38分45秒
返信・引用
  昨日、同級生の????浩が店主をしている??向へ行って来ました。
????浩とは、20才頃まではお互いの家を行き来してたんやけど、仕事環境の違いから少しずつ疎遠になって、ほんま残念な事に昨日まで会うことが出来なかったんよね。それが偶然、1月の国際会館前の飲み会の席で、????浩が三ノ宮山手で料理屋をやってるってのがわかったんで、すぐにフ??キ??とTヨッチャンと日程調整をして、昨夜3人でドキドキワクワクしながら「??向」へ飯を食いに行きました。
待ち合わせは東急ハンズ、そこからトコトコ歩いてトアロードを北へ、ハンズから大体5分程度でお店へ到着。外観は木とガラス張りの茶色を基調とした和風の落ち着いた感じで、珍しいのが店内出入口の高さが肩辺りまでしか無く中々、印象的な作りでした。
『肝心の再会シーンと食事の感想は後日書き込みます。』
 

レンタル掲示板
/68