teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


「当間修一 合唱講座 in 京都 Vol.3 」のご案内

 投稿者:京都C.モンテヴェルディ合唱団  投稿日:2012年 7月26日(木)15時54分33秒
返信・引用
   私どもは、「京都クラウディオ・モンテヴェルディ合唱団」と申します。
大阪コレギウム・ムジクム(OCM)、大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団の主宰者、
当間修一先生を音楽監督にお迎えし、京都を拠点に活動しております。

 このたび、「当間修一 合唱講座 in 京都 Vol.3」を2012年8月3日(金)~5(日)に開講いたします。
今回はそのお知らせのため、書込みさせていただきました。

 2004年 東京での開講以来大好評を博し、その後 名古屋、京都へと開催地を広げてきた「当間修一合唱講座」。
今夏は東京での講座も再開し、3都市での開催です。
 京都での講座は、関西以西の拠点として今年で3回目を迎えます。毎回の講座でたくさんの方がその成果に感動され、
充実した3日間をお過ごしいただいております。

 発声のしくみ、呼吸、母音などの理論的裏付けを解説する初日のレクチャー、
倍音を意識し、整えられた明るく広がりのある響きを目指す2日目の個人レッスン、
明澄な発音、純粋なハーモニーを目指す3日目のアンサンブルレッスンを通じて、
「ハモる」を体系的にご体感・ご体得いただけます。

 講座では、講師・当間修一が、自らが提唱する「ヴォーチェ・ディ・フィンテ」、「臍下丹田(せいかたんでん)呼吸」
といった、文章だけではなかなかお伝えしにくい発声法や呼吸法などを、理論と実践をまじえ、わかりやすく解説いたします。
(個人レッスンは、OCM合唱団コーアマスター・倉橋史子講師との2クラスを開講いたします。尚、個人レッスン受講は定員に
達しましたため、締切とさせていただきます。聴講は引き続き、受付けております。)

 より合唱を楽しむためのアドバイスが詰まった、充実の講座となっております。
 合唱初心者の方からベテランの方まで、是非ご体験ください!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 当間修一 合唱講座 in 京都 Vol.3  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■日時・会場
♪8/3(金) 19:00~(18:30受付開始) OCM発声法についてのレクチャー
 @ひと・まち交流館 京都 2F 大会議室
〔京阪電車「清水五条」徒歩8分、地下鉄・烏丸線「五条」徒歩10分〕
 http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html

♪8/4(土) 11:00~ 個人レッスン
 @日本基督教団 室町教会 1F, 2F
〔地下鉄・烏丸線「丸太町」2番出口徒歩 5分〕

♪8/5(日) 11:00~ アンサンブルレッスン
 @京都市西文化会館 ウエスティ
〔阪急・嵐山線「上桂」徒歩15分〕
 http://www.kyoto-ongeibun.jp/westy/map.php

■受講料・聴講料
8/3(金) OCM発声レクチャー受講  一般:3000円 学生:2500円 高校生以下:2000円
8/4(土) 個人レッスン聴講     一般:2000円 学生:1500円 高校生以下:1000円
8/5(日) アンサンブルレッスン受講 一般:5500円 学生:4500円 高校生以下:3500円
    アンサンブルレッスン聴講 一般:2000円 学生:1500円  高校生以下:1000円
 ※ 3日間を通してご受講・ご聴講の場合は、合計額より500円引きさせていただきます
 ※ アンサンブルレッスンも1名様からのご受講・ご聴講が可能です
 ※ 1日のみのご受講・ご聴講も承っております

★受講・聴講のお申込み、お問合せは、下記アドレスへお願いいたします。
 info-desk@cmc-kyoto.collegium.or.jp

★詳細な情報、および最新の情報につきましては、下記ホームページをご覧下さい。
 http://cmc-kyoto.collegium.or.jp/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

♪ 本講座の内容の一部は、当間修一ホームページ上の「合唱講座」にも記載がございます。
♪ 合わせてご参照ください。
 http://www.collegium.or.jp/~sagitta/ocm_homepage/html/kouza.html

http://cmc-kyoto.collegium.or.jp/

 
 

子カエルも同感!

 投稿者:243nn  投稿日:2012年 7月23日(月)13時36分50秒
返信・引用
  暫く振りに貴団HPに訪いました。

『古希の濃きかな』に思わずビンゴーと。
指揮者を同じくする関西組の我らフロッシェンコールも、来年の50周年記念コンサートに
指針を据えて臨んでいます。
練習時にかける熱意もそうですが、2時間ほどかかろうステージの半分は立ち尽くめでしょう、
その恐るべきパワーには団員一同脱帽。

昨日も吹田練習後は打ち上げに同席頂き、暫し四方山話に興じた。為になる話にも感謝です。
車でお帰りの敬子先生は、お好き?な酒は手にせずノンアルコールビールでお酒を濁し・・・、
パァーと行けなかったのが残念と言えば残念。
それはコンサートのあとの打ち上げバーティに取っておくこととしましょう。

所で、折角”訪問をば考えようか”にあれこれと申し上げて気を殺いだことに痛く恥入って
おります243nnで蟻□。→陳謝。

http://nota.jp/group/froschen-chor/

 

スウェーデン放送合唱団

 投稿者:田中邦彦  投稿日:2012年 6月22日(金)03時28分22秒
返信・引用
  スウェーデン放送合唱団を倉敷市民会館で聴いて来ました。と云うより『体験』して来ました。♪♪
隣席のおじさんが『合唱って聴くものなんですね!?』これまで『歌うものだと思っていた』との感想。
別次元のハーモニー! ア・カペラであそこまで出来るんだなぁ!! 田中邦彦

 

“モツレクin ライプチヒ2012”合唱団員募集のご案内

 投稿者:ジョイントコンサート国際委員会  投稿日:2012年 6月 5日(火)11時20分23秒
返信・引用
  突然の書き込みにて失礼いたします。

さて、ライプチヒのニコライ教会Bachchorが、毎年11月に同教会で各国から参加のシンガーと一緒に開催するレクイエム・シリーズでは、これまでロ短調ミサ、ドイツレクイエム、ベルディのレクイエムを取り上げてまいりました。

本年はモーツァルトレクイエムで、すでに日本からは30名の方々に参加を申し込んでいただいております。
現在、日本人参加枠にまだ若干の空きがございますので最終のご案内を申し上げます。
由緒あるニコライ教会でドイツや世界のシンガーと共にモーツアルトのレクイエムをお歌いになりませんか。

東京と名古屋で青木洋也氏のレッスンも予定しています。詳細は参加要項をご請求下さい。

《計画概要》

渡航期間 2012年11月21日~26日または29日
コンサート 11月24日(土)
演目 モーツアルト/レクイエム(ベーレンライター版ラテン語)
バッハのカンタータ80番(ベーレンライター版ドイツ語)

〈行事HP・英語〉
http://www.bachchoir.de/

●問い合わせ・資料請求先:
ジョイントコンサート国際委員会 事務局 垣沼佳則
Eメール jointcon@vesta.ocn.ne.jp
 

古希は 濃き かな

 投稿者:トモクン  投稿日:2012年 5月25日(金)07時26分14秒
返信・引用
  大濱 先生は 来年 『古希』をお迎えになられる と 伺いました。おめでたい事です。

来年は、FCさんの50周年・ウィーン楽友協会大ホールでの演奏会・指揮者になられて45周年?

本当に『古希は、濃い年』になりそうです。

いつも 多くの人々から 慕われ 信望篤き 大濱 敬子先生!!

でも いつも どんな時でも 『みなさんの スター☆』で いらっしゃる事は とてもとても大変な事・・・・。

全てに対して飽くなき好奇心・・・徹底的な探究心・・・自他への敬虔な感謝のお心と思いやり・・・・

そして明るいニコニコ笑顔(^^)V。

コアは、これからも 大濱 敬子先生 に負けないように 新たな挑戦をし続けて参ります。

今後も 金さん・銀さん に なられても 宜しくご指導お願い申し上げますm(、、)m。
 

ネット 投稿は・・・・

 投稿者:トモクン  投稿日:2012年 5月24日(木)06時09分44秒
返信・引用
  243nn 様

コアのおしゃべりコーナー 書き込みありがとうございます。感謝ですm(、、)m。

また、『コンサートのネット投稿』お誘いも誠に有難い事です。

ですが・・・現状ネット投稿の予定は出来ておりません。

もう少し、気長にお時間を頂戴致したく・・・宜しくお願い申し上げます。

いつの日か実現する事・・・夢見ております。

 

子カエルは満足

 投稿者:243nn  投稿日:2012年 5月12日(土)09時37分56秒
返信・引用
  うりまさん、お返事蟻×十様。
組曲「二度とない人生だから」の①、⑦曲を歌われたという事は、先々一気通貫にもって
行かれると読んだ。楽しみにしています。
と同時に是非コンサートをネットに載せてください。
此処浪速の地だけでなく地球の裏側にも貴団のファンが生まれること必定でしょう!

http://nota.jp/group/froschen-chor/

 

Re: もう一人の子カエルから

 投稿者:うりま  投稿日:2012年 5月12日(土)03時54分26秒
返信・引用
  > No.81[元記事へ]

243nnさんへのお返事です。
コアでは組曲のなかの 念ずれば花ひらく と 二度とない を歌いました。
混声3部の編曲の、二度とないだけのピースもあります。
旋律が違うのは聞いた事がないです。




> 「二度とない人生だから」を先のコンサートで歌われたとか?
>
> 坂村真民詩(仏教詩人)・鈴木憲夫・曲がカワイ出版のネットにありました。
> 丁寧なことに7曲全部にユーチューブ付きでした。
> ネットでは他に女声合唱団や板橋区混声合唱団のものがユーチューブにリリースあり。
> 未だ、貴団の発表はオン・エアされていないモンで・・・。
>
> 質問のきっかけは、一枚のCDに有ります、「二度とない人生だから」花月真・歌、森琢磨・曲 と
> 旋律が違っていたから。
>
 

もう一人の子カエルから

 投稿者:243nn  投稿日:2012年 5月 9日(水)08時28分16秒
返信・引用
  「二度とない人生だから」を先のコンサートで歌われたとか?

坂村真民詩(仏教詩人)・鈴木憲夫・曲がカワイ出版のネットにありました。
丁寧なことに7曲全部にユーチューブ付きでした。
ネットでは他に女声合唱団や板橋区混声合唱団のものがユーチューブにリリースあり。
未だ、貴団の発表はオン・エアされていないモンで・・・。

質問のきっかけは、一枚のCDに有ります、「二度とない人生だから」花月真・歌、森琢磨・曲 と
旋律が違っていたから。

http://nota.jp/group/froschen-chor/

 

イチロウさんとは

 投稿者:nihaodaxi  投稿日:2012年 5月 3日(木)07時57分45秒
返信・引用
  イチロウさんとは、N村さんでしたか?
先日は大阪まで練習ご苦労様でした。
コアさんの掲示板でイチロウさんの書き込みを見せていただくのは、なにか変な感じがします。
イチロウさんの書き込みの通り、すばらしい演奏とのことでした。
イチロウさん、フロッシェンの掲示板にも書き込みよろしくお願いします。
 

レンタル掲示板
/9