teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


プリンス・オブ・アーク

 投稿者:謎のニッカー  投稿日:2011年 8月 5日(金)19時57分59秒
  モーゼの十戒のアニメ映画。
なんとなく壮大な物語なのかとおもってみたらがっかり。
たしかに史実なので好きなジャンルなんだけど・・・

見えない神を崇拝するヘブライ人がエジプトから解放され約束の地へ向かう物語。
その先導者がモーゼになる。

エジプトの奴隷だったヘブライ人。見えない神の手助けによりエジプトへ度重なる不幸をもたらす。
これによりファラオはヘブライ人の解放を決める。

その移動中、心変わりしたファラオから逃れるために海を渡る。
そのときに有名なあのモーゼが杖を振りかざして海を分ける。
十戒ってのがその行為だとおもってたけど実際は、
神からの十の戒め。十の規律のことを言うようだ(笑)
偶像などを拝むな。人の者を盗むななと・・・

この映画のつまらないところは、ドラマチックな見せ場がないこと。
登場人物の顔が気持ち悪い。

しかも移動中のヘブライの民のわがままなところ。それもうんざりしてくる。
モーゼ自体も相当まいったらしく、かなりうんざりしていることがわかる。
最初はおとなしいが水が飲みたい。水を与えられると、今度は腹が減った。
パンを与えられたら、今度は肉が食いたい・・・さまざまな奇跡を呼び起こす。

神に散々使えたモーゼだけども約束の地へ足を踏み入れることがない。
しかも物語はモーゼと民の別れで終わるけど約束の地へはこの先まだまだかかる。
結局何十年という歳月を費やすことになる。50年とか?
別のアニメで見たけど、この先は戦争で多民族から領地を奪っていく。神がかり的なところは一切ない。
しかもそのあとも神への信仰心が薄くなり悪い意味で歴史が繰り返される。

その救世主がキリストになっていく。神としてキリストを遣わせたらしい。
知らなかったけどその母がマリアという。聖母マリアとはキリストの母?

この映画は、ヘブライ人の悪さが協調されていたように感じた。
モーゼを中心に書いたせいもあるのかな・・・
 
 

塔の上のラプンツェル

 投稿者:謎のニッカー  投稿日:2011年 8月 5日(金)00時30分9秒
  ディズニーっぽさは残しつつ、いい意味で一皮むけた作品に思えた。
ミュージカル要素も取り入れつつ、ユーモアもフンダンで飽きさせない最高の演出だったとおもう。

ディズニーで一番いい作品かもしれない。

あの灯篭のシーンが最高だった。ドラマチックでロマンチック。
あぁーいいなぁーと素直に思った。

モテモテ男はかっこよすぎだけども真実の愛に気づかされる。
ラプンツェルは、自由を手にして葛藤の中で事実に気づく。
最後は先走ったかとおもったけどあの演出もよかった。絶妙の間だったとおもう。
そして、ディズニーはもうあとが気にならない終わり方。
たたみ掛けが効いていた。気になるところを残さない。宮崎映画とは違ったエンディングはおいらの好み。

ピクサー買収してよかったとおもう。

アリス・イン・ワンダーランドは見てないけど、
ここまで出来上がってないんだよね・・・でも、見たくなった。

ラプンツェル、やっぱしあいつと同じで茶色のほうが好きかな。

みんなが幸せになる映画だったね。まぁ、魔女っぽい育ての母は・・・。

アリエッティは地味だったとおもうけど、ラプンツェルは楽しい映画だった。
是非この夏見てみてはいかがでしょう。
あのイケメンは実写なら金城しかいないね(笑)

ブロガーに対抗してニッカーです。
 

借りぐらしのアリエッティ

 投稿者:謎のニッカー  投稿日:2011年 8月 4日(木)01時17分15秒
  アリエッティ、アリエッティ、なんか名前だけ先行してたけど見てみた。
実はあんまり期待していなかった。
ハウルとかがっかりだったし(笑)

率直な感想はもっとアリエッティが見たかった。
あっという間に終わってしまった感じ。

結局、希望に満ちて終わった感じ。
でも、それは悪くはなくって全然思ってた以上にいい作品だとおもった。
地味によかった。小人だけにこじんまりまとまってた。

猫の名前がニーヤって、おいらの死んだ猫の名前だし(笑)
ちゃんと活躍の場もあったし。

エンディングでしょー?(病弱な男の子)の結果が知りたかったかな。
そしてアリエッティ達のその後もね。
でも、全部表現しないのが宮崎映画な感じもする。
希望という花の香りを感じさせて・・・
 

レンタル掲示板
/1