teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


meer

 投稿者:anonymous[dasende]メール  投稿日:2010年 5月 1日(土)13時58分4秒
返信・引用
  分カラナイシステムノート有;日々オシマイ.カラオケヘッドフォンヨットCOOLカギ  
 

第29回 J.U.E.L. Cup 結果報告

 投稿者: J.U.E.L. Cup広報 塚田大輔  投稿日:2009年 7月 6日(月)04時22分22秒
返信・引用
  この度、第29回J.U.E.L. Cupを終了いたしましたことを、お知らせいたします。
汗ばむ陽気の中ご来場くださった方々、ありがとうございました。
また、実行委員に至らぬ点が多々あったことを、この場をお借りして謹んでお詫び申し上げるとともに、みなさまのお力添えに大変感謝しております。
以下、結果報告をさせていただきます。

1位 Kyoko Okutani
(Hitotsubashi University I.S.)

2位 Takuto Matsumura
(Waseda University E.S.S.)

3位 Shiori Sakashita
(Doshisha University E.S.S.)

来年も引き続きJ.U.E.L. Cupを開催してまいりますので、残念ながらご来場いただけなかった皆様もご来場くださった皆様も、どうぞよろしくお願いいたします。

大会で発表されたスピーチ原稿や映像は、以下のウェブサイトにて公開する予定ですのでご期待ください。
『Speech Agora』http://sites.google.com/site/speechagora/


実行委員一同

http://speechjuel.blog47.fc2.com/

 

第29回 J.U.E.L. Cupのお知らせ

 投稿者: J.U.E.L. Cup広報 塚田大輔  投稿日:2009年 6月22日(月)12時28分32秒
返信・引用
  The 29th All Japan Intercollegiate English Oratorical Contest for the J.U.E.L. Cup

突然の書き込み失礼いたします。
今年度、J.U.E.L. Cup実行委員広報担当を務めさせて頂く明治大学四年の塚田大輔と申します。今年も第29回J.U.E.L. Cupを開催する運びとなりました。以下詳細を記させて頂きますので、ご確認の上、是非鑑賞にお越しください。
特別企画も予定しておりますので、下記をご参照ください。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
【日時】
2009年7月4日(土)

【コンセプト】
“Lead Japan”
スピーチの目的が聴衆と問題意識を共有し、理想を掲げ、問題の解決へと社会を導くことだとしたら、本大会の目的は、そうした今後の日本を牽引していける人材に対して、発表の場を提供することなのではないでしょうか。
そのため、大会当日の1分1秒に工夫を凝らし、満足を超えた感動をお届けします。この目標を達成し、模範となることで、我々は日本中のスピーチ大会を牽引していきます。
(大会理念より抜粋)

【場所】
明治大学 駿河台キャンパス 1021号室
JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩3分
 他、新御茶ノ水駅、神保町駅から下車徒歩5分
※当日は、御茶ノ水駅からのみ運営委員の者がご案内させて頂きます。
※地図:http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

【タイムテーブル】
10:20 開場
10:45 Opening Ceremony
11:00 Extemporaneous Speech (1st ~10th)
12:20 Lunch time
13:05 Prepared Speech (1st~5th)
14:25 Intermission
14:40 Prepared Speech (6th~10th)
16:00 Judging Time
17:15 Closing Ceremony
18:10 Reception
20:15 閉場

【大会形式】
7分間のPrepared Speech(7分を過ぎた時点で1ランク降下・7分30秒カット)
Q& A(詳細は未定です。決定次第、再度告知させて頂きます。)
4分間のExtemporaneous Speech(15分間のPreparation time)

【Speaker】
Ms. Haruka Iimura ( The University of Tokyo E.S.S.)
Mr. Takuto Matsumura (Waseda University E.S.S.)
Ms. Eriko Nakayama (Waseda University E.S.A.)
Mr. Katsuyuki Megata (The University of Tokyo E.S.S.)
Ms. Kyoko Okutani (Hitotsubashi University I.S.)
Ms. Mio Sugimura(Kyoto University E.S.S.)
Ms. Shiori Sakashita(Doshisha University E.S.S.)
Ms. Ai Suzuki(Kwansei Gakuin University E.S.S.)
Mr. Takashi Ohta(Kwansei Gakuin University E.S.S.)
Ms. Saki Ikeda(Doshisha University E.S.S.)

【ご留意点】
最後に大変恐縮ではございますが、いくつかご留意点がございますので、どうかご協力お願い致します。

①多くのお客様のご来場が予想されます。係員の指示に従い、座席は詰めてお座りください。また、荷物はお足元かお膝元に置いていただきますよう、お願い申し上げます。
②当日は休日となっております。レストラン等での昼食は、休日定休の店舗があることや、休憩時間が短いことから、お勧めできかねます。スピーチ発表中は入場できませんのでご注意ください。
③大会会場付近のコンビニの混雑・品薄が予想されます為、昼食・お飲み物は自宅最寄り駅でお買い求めになることをお勧め致します。
④季節柄および混雑により、会場が暑くなる可能性があります。ぜひお飲み物をご持参ください。


※ 特別企画 ※
Judging TimeやReceptionを利用しまして、特別企画を予定しております。
現在、東京大学4年生の吉田雅裕氏によるレクチャーなどを
企画しておりますので、 ぜひご期待ください。

http://speechjuel.blog47.fc2.com/

 

第23回 EAST JAPAN 結果報告

 投稿者:中山和音  投稿日:2009年 5月25日(月)02時21分39秒
返信・引用
  この度、第23回EAST JAPANを終了いたしましたことを、お知らせ申し上げます。
お足元の悪い中、ご来場くださった方々、ありがとうございました。
みなさまのお力添えに、実行委員一同、大変感謝しております。
以下、結果報告をさせていただきました。


1位 Kyoko Okutani
(Hitotsubashi University I.S.)



2位 Haruka Iimura
(The University of Tokyo E.S.S.)



3位 Katsuyuki Megata
(The University of Tokyo E.S.S.)



4位 Eriko Nakayama
(Waseda University E.S.A.)


5位 Takuto Matsumura
(Waseda University E.S.S.)


入賞された方、誠におめでとうございます。
入賞されたこちらの5名は、7月4日(土)に開催されるJUEL Cupへ出場いたします。
JUEL Cupの詳細は、おって連絡いたしますので、是非ご来場くださいませ。


実行委員一同

http://speecheastjapan.blog40.fc2.com/

 

第23回 EAST JAPAN

 投稿者:中山和音  投稿日:2009年 5月22日(金)18時37分27秒
返信・引用
  > No.18[元記事へ]

度々の投稿失礼いたします。EAST JAPAN実行委員広報担当、神奈川大学四年の中山和音と申します。
EAST JAPANの開場時間が急遽変更となりました。
この度は大変申し訳ありませんでした。

当初、9:30に開場とお知らせしておりましたが、9:40となりましたのでお間違いないようよろしくお願い致します。

【変更後タイムテーブル】
9:40 開場
10:00 Opening Ceremony
10:15 Extemporaneous Speech
11:30 Lunch time
12:05 1st session
13:35 Intermission
13:50 2nd session
15:20 Judging Time
16:35 Closing Ceremony
17:20 Reception


重ね重ねのお願いで大変恐縮ですが、当日慶應大学日吉キャンパス校内では、国家試験が行われており、騒音を立て迷惑をかけた時点で大会中止を命ぜられますので、皆様ご協力の程宜しくお願い致します。昼食、プレゼント等は予めご用意頂けると幸いです。

また、新型インフルエンザ拡大防止に伴い、マスクを着用してくださると大変嬉しいです。当日は会場入場時とレセプション会場入場時に手の消毒をさせて頂きます。ご協力宜しくお願い致します。

http://speecheastjapan.blog40.fc2.com/

 

第23回 EAST JAPAN

 投稿者:中山和音  投稿日:2009年 5月18日(月)00時35分23秒
返信・引用
  The 23rd East Japan Intercollegiate English Oratorical Contestのお知らせ

突然の書き込み失礼いたします。
今年度、EAST JAPAN実行委員広報担当を務めさせて頂く神奈川大学四年の中山和音と申します。今年も第23回EAST JAPANを開催する運びとなりました。以下詳細を記させて頂きますので、ご確認の上、是非観戦にお越しください。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
【日時】
2009年5月24日(日)

【コンセプト】
“Sincerity”~Gaze at your heart.  Initiate your world~
私達は”誠実さ”を本大会のコンセプトとして考えます。あなた自身、人生に誠実にあり、そして誠実にあなたの世界を変える事を願い、主導する。そんな”誠実な”スピーチを集めさせていただきました。

【場所】
慶應義塾大学 日吉キャンパス 623号室
(東急東横線 日吉駅より徒歩5分)
当日は、日吉駅からは運営委員の者がご案内させて頂きます。

【タイムテーブル】
9:30 開場
10:00 Opening Ceremony
10:15 Extemporaneous Speech (1st ~10th)
11:30 Lunch time
12:05 Prepared Speech (1st~5th)
13:35 Intermission
13:50 Prepared Speech (6th~10th)
15:20 Judging Time
17:20 Reception

【大会形式】
7分間のPrepared Speech(7分を過ぎた時点で1ランク降下・7分30秒カット)
3人のジャッジより4分半のQ& A(1人のジャッジに付き1分30秒最大2分カット)
4分間のExtemporaneous Speech(15分間のPreparation time)

【Speaker】
1. Soichiro Kubo (Hitotsubashi University I.S.)
“A Beam of Hope in an Endless Tunnel”
2. Saki Hiraide (Chiba University E.S.S.)
“For Our Loving Children”
3. Jun Kojima (Waseda University E.S.A.)
“The Bridge to Release from the Dark”
4. Haruka Iimura ( The University of Tokyo E.S.S.)
“Remedy for Patients and Doctors”
5. Yukiharu Hagiguchi (Takasaki City University of Economics E.S.S.)
“DO NOT LEAVE ANY BROKEN WINDOWS”
6.Takuto Matsumura (Waseda University E.S.S.)
“Everlasting Regret”
7. Eriko Nakayama (Waseda University E.S.A.)
“Don’t Turn a Blind Eye”
8. Katsuyuki Megata (The University of Tokyo E.S.S.)
“Behind the Screen”
9. Kyoko Okutani (Hitotsubashi University I.S.)
“Long Live the American Dream”
10. Hideaki Kanbara (Soka University E.A.)
“The Steps toward New Remedy”

最後に大変恐縮ではございますが、当日守って頂きたい注意点をこちらに記させて頂きます。注意事項を守って頂けませんと、当日中に大会中止を学校側に命ぜられる可能性がありますので、御熟読ください。

【注意事項】
①当日、慶應義塾大学日吉キャンパスでは国家試験が行われているため、キャンパス内では大声で騒がないようお願いいたします。
②国家試験に騒音で迷惑がかからないように、昼食やインナープライズ等は、予めご用意お願いいたします。
③キャンパス内で騒音を立てないために、昼食は、会場内のみでお願いいたします。

大会HP:http://speecheastjapan.blog40.fc2.com/

http://speecheastjapan.blog40.fc2.com/

 

 投稿者:東京外国語大学ESSメール  投稿日:2009年 3月 8日(日)01時24分17秒
返信・引用
  突然の書き込み失礼いたします。第31回小川杯争奪英語弁論大会実行委員長の中川雅博と申します。私ども東京外国語大学ESSでは今年も、下記の通り小川杯争奪英語弁論大会を開催する運びとなりましたので、この場をお借りいたしまして大会のご案内をさせて頂きます。皆様のたくさんのご応募をお待ちしております。
また、今年は新たな試みとして大会スローガンを設けました。"Make Your Wave Now"というものです。皆様のスピーチが時代の新たな潮流となっていくことを期待しております。

【主催】東京外国語大学英語研究会(ESS)
【日時】2009年6月28日(日) 10:15~(予定)
【会場】東京外国語大学 研究講義棟マルチメディアホール
【応募資格】文部科学省が定める大学・短期大学に学籍を有する者。
ただし、各大学の本選出場者は2人までとする。
【形式】6分以上8分以内のPrepared Speech、既発表可。
【内容】スローガン"Make Your Wave Now"を参考にしつつ、自由にスピーチすること。ただしスピーチの最後に”Yes, we can.”というフレーズを盛り込むこと。
※原稿提出後の内容の大幅な変更、タイトルの変更は認めない。

【審査方法】予選→原稿およびテープ審査により10名選出
     本選→Prepared Speech、およびジャッジによる4分ほどのQ&A
     スピーチは8分を超えた場合あるいは6分に満たない場合、時間の過不足に応じて減点する。

【応募方法】以下の4点を小川杯担当者までお送りください。
宛先はお手数ですがメールにてお問い合わせください。
① 原稿4部
形式:A4版にダブルスペースでタイプしたもの。本文前にはタイトルのみを記入してください。名前の記入はお控え願います。
② スピーチを録音したテープ1本
テープの始めにはタイトルのみ吹き込み、テープ片面でスピーチが終わるようにしてください。また、テープのラベルにはタイトルのみを書き込んでください。こちらも名前の記入はお控え願います。
③ 参加申込書(ホームページにてダウンロード可能)
④ 写真(4×3cm カラー写真 1枚)
※パンフレットに使わせていただきます。裏面に氏名をご記入ください。

【締め切り】2009年5月7日(木)必着

なお、予選結果は5月中にE-mailにてご連絡いたします。
すぐに確認の返信をお願いいたします。

【公式ホームページ】http://www.geocities.jp/ogawacup/ (大会の詳細を随時アップしておりますのでご覧ください)
【お問い合わせ先】 ogawa_cup_2009@yahoo.co.jp(氏名、団体名、メールアドレスなどを明記のうえお問い合わせください)

管理人様、この書き込みが掲示板の趣旨にそぐわない場合はお手数ですが削除をお願い致します。

http://geocities.jp/ogawacup/

 

Re: 第35回大隈重信杯争奪全日本学生英語弁論大会のご案内

 投稿者:千歳梨世  投稿日:2008年11月26日(水)02時29分15秒
返信・引用
  > No.14[元記事へ]

再度の書き込み失礼いたします。
大隈杯に関して、先日書き込んだ内容に変更が出てしまいましたので、連絡させていただきました。
この度、2名の方が一身上の都合により残念ながらSpeakerを辞退してしまったため、新たに2名の方にSpeakerとして出ていただくこととなりました。
新しいSpeaking Orderは以下のようになりますので、ご了承ください。

1.奥野 靖典 (京都大学ESS)
2.国武 希美 (早稲田大学ESS)
3.木本 篤茂 (東京大学ESS)
4.青山 彩子 (千葉大学ESS)
5.角田 亜紗子 (一橋大学IS)
6.杉 望友紀 (関西学院大学ESS)
7.武田 誠志 (立命館大学ESS)
8.中山 和音 (神奈川大学ESS)
9.守屋 牧人 (東京大学ESS)
10.佐々木 春華 (早稲田大学ESS)
(敬称略)

本会会員一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
連絡先:okuma.trophy@gmail.com
本大会HP:http://www.geocities.jp/okuma_trophy/
 

大隈杯ご案内の訂正

 投稿者:千歳梨世  投稿日:2008年11月 2日(日)02時19分55秒
返信・引用
  先程書き込みさせていただきました千歳です。

この度9th Speakerの Makito Moriya 様のところを誤って Masato Moriya 様と書きこんでしまいました。
正しくは"Mr.Makito Moriya"となります。
大変申し訳ありませんでした。
以後十分に気をつけて運営を進めてまいりますのでご了承ください。

失礼致しました。


早稲田大学英語会
 

第35回大隈重信杯争奪全日本学生英語弁論大会のご案内

 投稿者:千歳梨世メール  投稿日:2008年11月 1日(土)22時22分15秒
返信・引用
  突然の書き込み失礼致します。
第35回大隈重信杯争奪全日本学生英語弁論大会の実行委員長を務めております、早稲田大学英語会(W.E.S.S.)の千歳梨世と申します。
この度、早稲田大学英語会では以下の通り、第35回大隈重信杯争奪全日本学生英語弁論大会(以下、大隈杯)を開催させて頂く運びとなりました。本日はこの場をお借りしまして、当大会のご案内を申し上げます。

【主催】早稲田大学英語会 ( Waseda English Speaking Society )

【日時】12月6日(土)

【場所】早稲田大学大隈記念講堂 大講堂

【アクセス】
・東京メトロ東西線 早稲田駅 3b出口または2番出口をご利用ください
・JR山手線・西武新宿線 高田馬場駅 早稲田口改札を出て右手にあるバス停から「早大正門行き」をご利用いただき、終点早大正門で降車ください。
当日は駅周辺に係の者がおりますので、お気軽にお尋ねください。

【内容】
7分間のPrepared SpeechとQuestionerによる4分間のQuestion & Answer

【Time Table】
12:00 Hall Open
12:30~ Opening Ceremony
13:00~14:20 Session1
14:20~14:50 Intermission(30min)
14:50~16:10 Session2
16:10~17:10  Judging Conference(Intermission)
17:10~17:50 Closing Ceremony
18:10~ Reception (大隈タワー15F レストラン『西北の風』にて)

【Speaker】
<1ST SESSION>
1. Mr. Yasunori Okuno (Kyoto Univ. ESS)
2. Ms. Nozomi Kunitake (Waseda Univ. ESS)
3. Mr. Atsushige Kimoto (The Univ. Of Tokyo ESS)
4. Mr. Masanori Ito (Soka Univ. ESS)
5. Ms. Asako Kakuta (Hitotsubashi Univ. International Society)
<2ND SESSION>
6. Ms. Kaori Yasunaga (Keio Univ. ESS)
7. Mr. Seiji Takeda (Ritsumeikan Univ. ESS)
8. Ms. Kazune Nakayama (Kanagawa Univ. ESS)
9. Mr. Masato Moriya (The Univ. Of Tokyo ESS)
10. Ms Haruka Sasaki (Waseda Univ. ESS)

私たちは、第35回大隈杯のConceptとして「Sincerity」を掲げております。
そして、本会会員一同、お越しいただくすべての方々にご満足いただける、誠意溢れる運営をさせていただきます。
本会会員一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
連絡先:okuma.trophy@gmail.com
本大会HP:http://www.geocities.jp/okuma_trophy/

※管理人様、この書き込みが掲示板の趣旨にそぐわない場合は、お手数ですが削除をお願い致します。
 

レンタル掲示板
/3