teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


巨人のために言ってくれた!大歓迎するぞ。

 投稿者:管理者  投稿日:2011年11月11日(金)22時15分1秒
   巨人・清武代表:プロ野球の私物化許せぬ(声明)

『私は11月9日、直接渡辺氏から「一、二年後に君を社長にする。今後君の定年は68歳まで延びる可能性もある。全てのことを受け入れて、専務、球団代表・オーナー代行として仕事を続けてくれ。」と要請されました。

 野球は人々に夢や希望を与えてくれる国民的スポーツです。中でも巨人は日本のプロ野球界でも最も歴史のあるチームであり、とりわけ責任の重い球団でもあります。巨人軍の代表取締役でもない取締役会長である渡辺氏が、その一存で代表取締役社長である桃井氏からオーナー職を突然、剥奪するというのは、多くのファンを集める伝統球団の名誉を貶(おとし)めるだけでなく、会社の内部統制、コンプライアンスに大きく反する行為であると思います。

 また、私は「総務本部長コンプライアンス担当」であるにも関わらず、GM編成本部長の権限である、補強、とりわけFA交渉と外国人選手獲得を直接担当しろ、との指示も、渡辺氏から受けています。それならばなぜ、FA交渉や外国人獲得交渉が目前に迫ったこの時期に、混乱を招く人事を内示するのでしょうか。

 私は読売新聞記者から巨人軍に入団しました。渡辺氏が巨人軍オーナーを退くに至った不祥事の直後に立て直しを期待され、7年間、巨人軍のため、プロ野球のため、まっとうな経営をやらねばならぬとの信念で、一生懸命取り組んできました。必要なことは、監督、コーチ、選手、スタッフらと相談し、桃井オーナー、渡辺氏にも報告、相談し、了解を得てことを進めてきました。』

 以上が清武英利球団代表兼ゼネラルマネジャーの声明文の一部である。桃井オーナー兼球団社長が否定した事は誰もが納得しないだろう。

<巨人>「渡辺会長の鶴の一声」を桃井オーナー兼球団社長が否定

 プロ野球・巨人の清武英利球団代表兼ゼネラルマネジャー=GMは11日、文部科学省で会見し、巨人の渡辺恒雄球団会長(85)=読売新聞グループ本社会長・主筆=が球団人事に不当に介入したとする内部告発の声明を発表した。

 清武代表の告発を受け、巨人は桃井オーナー兼球団社長が東京都内の球団事務所で会見し、「(球団人事は)鶴の一声で渡辺会長が決めたことではない」と、清武代表の見解を否定した。

 桃井オーナーはコーチ人事などに関し、10月20日に渡辺会長の了承を得たことは認めつつも、「(その後)クライマックスシリーズで敗れ、見直しが必要という判断だったと思う」と説明。自身のオーナー職を解く案についても「2年連続で優勝を逃し、私もけじめをつけないといけない」と話した。また、「渡辺会長は親会社のトップ。(清武代表の言う)平の取締役とは違う」と反論した。

 清武代表が会見を行うことは球団の誰も知らなかったといい、「驚くと同時に残念。それこそ球団の内部統制(の観点)から、とんでもない話」と批判した。会見後に球団に戻った清武代表には「独断で開いた会見はかばうことはできない」と伝えたというが、今後の処遇に関しては「球団や(読売)新聞社の取締役会で協議する。
 今の仕事は当面、やってもらう」と述べるにとどめた。と言われているがアホか?

 読売巨人軍は、ナベ・ツネの私物化=独裁球団であることはプロ野球ファンなら誰もがわかっていることである。85歳にもなったナベ・ツネは今こそ全ての職(役職)を引退して後継者に任せるべきだ。
それが読売巨人軍のためであり、日本プロ野球界発展の第一歩である。ナベ・ツネよ!これくらい高齢で認識もできないのか?今からでも遅くない観念しろ!
 
 

鉢呂経産相が福島原発周辺を「死の街」と言ったのは正しい

 投稿者:管理者  投稿日:2011年 9月12日(月)16時44分7秒
   鉢呂経済産業相は9月9日の閣議後の記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所の周辺自治体を野田首相らと8日視察した感想を述べ、「残念ながら周辺町村の市街地は人っ子一人いない、まさに死のまちという形だった」と発言した。

 これに対して、読売新聞が、「原発事故やその後の対応で政府の責任が問われる中、担当閣僚自身が周辺地域を「死のまち」と表現したことは波紋を呼びそうだ」と報道した。

 そして、自民党・公明党がこれに呼応して批判を開始し、野田首相の任命責任も追及する構えを見せた。

 結局、野田首相が「不穏当な発言だ」と批判した上で、「謝罪して、訂正してほしい」と述べ、経産相は謝罪した。

 予想通りの鉢呂経産相下ろしが始まったわけだ。

予想通りというのは、鉢呂吉雄経済産業相は9月5日、産経新聞などのインタビューに応じ、東京電力福島第1原発事故 を受けた今後の原子力政策について、「基本的に原発はゼロになる」と述べた。民主党政権はこれまで原発への依存度を下げていく方針は打ち出していたが、原発ゼロを明言したのは初めて」だからだ。

「死の街」ってゴーストタウンである。

 福島原発事故のせいでゴーストタウンになってしまったのだから、それをゴーストタウンと言って何が悪いのか。

 福島原発の周辺には高濃度でしかも半減期の長いセシウム137などが降り積もっている。

人が住めますか?

 まさに死の街ではないか。鉢呂氏に対するメディアスクラムは酷すぎる。鉢呂氏辞任は脱原発議員に対するいじめにしか見えない。

 野党=自民党・石原幹事長の「震災は天罰」発言とどっちが罪深いか明瞭だろうこれこそ「偏向報道」だ。
 

民主党16人が会派離脱表明=小沢氏系、処分に反発!-執行部は認めず

 投稿者:管理者  投稿日:2011年 2月17日(木)15時17分56秒
  意外に少なかった!という感じがするが、ますます党内は混迷を深めた。

 民主党の川島智太郎氏ら小沢一郎元代表に近い比例代表選出の衆院議員16人は17日午前、党執行部が決めた小沢氏処分の方針に反発し、衆院の民主党会派からの離脱を党の事務局を通じ岡田克也幹事長に申し入れた。

 川島氏らは午前11時から衆院議員会館で記者会見し、会派離脱を決めた理由などについて説明する。ただ、会派を離れても離党はしない意向だ。執行部は会派離脱を認めず、党の方針に従うよう説得する考えだ。

 特例公債法案など2011年度予算関連法案の参院での否決が確実視される中、16人が会派を離脱すれば、衆院で3分の2以上の勢力を確保して再可決・成立させる道もほぼ閉ざされることになり、求心力低下が進む菅政権にさらなる打撃となるのは必至だ。

 川島氏らは会見に先立つ同日午前、国会内の幹事長室を訪問し、岡田氏宛ての会派離脱願を党職員に手渡した。メンバーの一人は、小沢氏を党員資格停止とする執行部の方針に反対するとともに、菅政権が09年の衆院選マニフェスト(政権公約)の見直しを検討していることに対し「今の民主党は自分たちが考える党とは全く違う党になっている」と批判した。

 一方、岡田氏は国会内で記者団に「規約上、離脱はできない。党所属議員なので決まったことを守るのは当然だ」と述べ、会派離脱願を受理しない方針を示した。

民主党会派からの離脱を届け出た衆院議員は、次の16人。(敬称略)

 渡辺浩一郎(比例東京)、大山昌宏(比例東海)、小林正枝(比例東海)、菊池長右ェ門(比例東北)、三輪信昭(比例東海)、石井章(比例北関東)、豊田潤多郎(比例近畿)、石田三示(比例南関東)、水野智彦(比例南関東)、相原史乃(比例南関東)、渡辺義彦(比例近畿)、高松和夫(比例東北)、熊谷貞俊(比例近畿)、川島智太郎(比例東京)、笠原多見子(比例東海)、川口浩(比例北関東)

 菅直人首相は、民主党の小沢一郎元代表処分という政権浮揚の「最後のカード」を切ってしまい、完全な手詰まりに陥った。
 小沢氏に対する「党員資格停止」という一番軽い処分は「甘すぎる」と野党を勢いづけて不発。社会保障と税の一体改革も平成23年度予算案の円満成立も展望が立たず、民主党内の対立も激化するばかり。頼みの国民からはそっぽを向かれて内閣支持率は低落している。首相官邸内からも黄昏(たそがれ)を迎えた政権の前途を悲観する声が漏れだした。

これで菅政権が終わっちゃうのか、という感じだ。十数年前の菅さんは輝いていたが・・・。

 首相周辺はこう率直に語る。報道各社の直近の世論調査で、内閣支持率が産経新聞20・7%(前月比7・6ポイント下落)、NHK21%(同8ポイント)、共同通信19・9%(同12・3ポイント)と軒並み過去最低を記録しているからだ。支持率は、鳩山由紀夫前首相が退陣する直前の数字とほぼ一致する。

 もともと小沢氏のように党内に手足となる勢力を持たない首相にとって、国民の強い支持は政権運営上、不可欠だった。支持率が低迷すれば、党内もまとまらず、野党の姿勢もより強硬となるのは必然だった。

 ところで当の小沢氏はこの事態を想定していたに違いない。強制起訴の結果は別にしても自分で撒いた種だ。所属政党は混迷し、与党たる政権さえ危うい!「何もやましい事はない」では小沢氏が良く言う「筋」が通らない!金権政治の生き残りであり、政党壊し屋の小沢氏はまたもや政界再編で政界を揺るがすのか?良く判らないお方である。
 

海老蔵「おれは人間国宝だ」酒グセの悪い!衝撃の素顔

 投稿者:管理者  投稿日:2010年11月30日(火)21時20分42秒
  当代きっての人気歌舞伎俳優、市川海老蔵(32)が25日未明、東京・六本木で男性グループとトラブルになり、殴られて左ほおを骨折する重傷を負った事件。昨年も土下座する騒動があった海老蔵を襲った犯人はいったい誰なのか? また、舞台会見をキャンセルして飲み歩いていた海老蔵の酒グセは?

 色男の半面、海老蔵は酒グセの悪さでも知られる。その場に居合わせた人に「おれは人間国宝だ」と自慢したり、「君いくらもらってるの?」と他人の給料をずけずけと聞き、絡んだりすることもしばしばだったという。

 騒動の舞台となった六本木、西麻布界隈のバーなどをめぐるだけでも、豪快に飲み歩く海老蔵の目撃証言が次々と出てきた。「3、4軒の飲食店に常連として通っていた」と話すのは芸能プロダクション関係者。

 そのうちの1軒が「週1-2回は通う」(事情通)という西麻布交差点近くにある会員制バーで、海老蔵とたびたび遭遇した会社員女性(26)がこう証言する。

 「海老蔵さんの酒グセの悪さは有名でした。酔っぱらうと誰彼構わずケンカをふっかけたり、些細なことで激高することもあったようです」

 六本木でキャバクラ店を経営する男性は、「酔ったときは『おれは人間国宝だぞ!』とすごむのがいつものパターンでした」と振り返る。

 過去、中目黒や代官山にも頻繁に出没していたが、一般の女性客に失礼な言葉を投げかけるなどしてトラブルになることも多く、「複数の店で出入り禁止になっていたようだ」(飲食店関係者)。

 今年7月には、海老蔵の酒グセが公共の電波で明かされる一幕も。テレビ中継された海老蔵と麻央の結婚披露宴で、海老蔵の親友で俳優の伊藤英明(35)が、「(酔った海老蔵が)初対面でいきなり『給料いくら?』と聞いてきた」と暴露。「歩合制だけど」と返すと、「事務所に何%引かれるの?」と畳み掛けられたことを明かした。

 また、一部スポーツ紙によると5年前、当時、阪神タイガースの選手だった赤星憲広(34)ら4選手が飲んでいた席に海老蔵が乱入。「いくらもらってるの?」とたずね、「オレなんか、国から60(歳)まで2億もらえる!」と自慢を始めた。

 その後、赤星に腕相撲を挑み、代わって相手をした鳥谷敬選手(29)に“瞬殺”され、その途端、おとなしくなったという。おバカさんの典型ですな!
こんなアホが日本古来の歌舞伎継承だとしたら・・・歌舞伎が恥ずかしい!

被害届けを出して、暴行罪犯人は特定できた!
が、バカに以前酔っぱらって土下座させられた相手の気持ちは判らないわけでもない。
日本の芸能文化を見直す機会だ!資質だけど。

 そんなバカを判って結婚した奥さんが可哀そう・・・じゃない!わかっていたのだから!
目先の甘い汁を吸おうとした天罰だ!と、思う。

こんなアホみたいな投稿は、これでやめよう。俺までアホになるかも?
 

尖閣映像、神戸の漫画喫茶パソコンから投稿

 投稿者:管理者  投稿日:2010年11月29日(月)22時22分10秒
  尖閣諸島沖の中国漁船衝突を巡る映像流出事件で、東京地検は9日、動画投稿サイト「ユーチューブ」を運営する検索大手グーグルの日本法人(東京都港区)から、映像を投稿したパソコンのIPアドレス(ネット上の住所)を入手した。

 分析の結果、同サイトに投稿された映像は、神戸市内の漫画喫茶のパソコンから送信された可能性が高いことが判明。共同で捜査している警視庁はこの漫画喫茶に捜査員を派遣、捜査への協力を求めた。店の防犯カメラ映像や入店客の情報を入手した上、投稿者の特定を進める。

 検察当局は内部調査の結果、映像は石垣海上保安部(沖縄県)か那覇地検の内部から流出した疑いが強まったとして、8日から国家公務員法(守秘義務)違反容疑で捜査に乗り出した。神戸市内から投稿されていた可能性が高いことにより、石垣海保や那覇地検職員以外の第三者が関与した疑いも出てくる。匿名性の高い漫画喫茶から投稿されていたことで、捜査が難航する恐れもある。

 ユーチューブに流出した映像は6本、計約44分。4日午後に「sengoku38」のアカウント(登録名)で投稿され、5日午前7時40分頃に、投稿者自身によって削除された。

 検察当局は9日、グーグルの日本法人に対する差し押さえ令状を取り、この投稿者が使ったパソコンのIPアドレスなどの情報提供を受けた。民間業者に依頼してIPアドレスを分析した結果、神戸市内の漫画喫茶が浮上したという。一方、9日に警視庁と合同捜査本部を設置した沖縄県警も、那覇市内の複数のネットカフェから、客の入店記録などの提供を求めている。

 海上保安庁と検察当局の内部調査で、流出映像は、石垣海保が9月7日の事件直後に内部説明用として作成し、同10日頃、CD―Rに収めて那覇地検に提出したものと同一と判明。内部流出の可能性が強まったが、調査では投稿者を特定できず、海保が今月8日、被疑者不詳のまま、同法違反などの容疑で東京地検と警視庁に刑事告発していた。

 ◆IPアドレス=インターネットに接続している全端末に割り当てられる識別番号。国や地域によってどういう番号が付くのか決まっている。0から255までの数字を4回組み合わせるため、総数は256の4乗で約43億個。

沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を撮影したビデオ映像がインターネット上に流出した事件で、海上保安庁の職員が「映像流出に関与した」と自ら名乗り出たことが10日、わかった。同庁は同日、この職員から聴取を進め、事実確認を行っている。

事件をめぐっては、検察と警視庁が、国家公務員法(守秘義務)違反容疑などで捜査に乗り出している。海保が、検察などと連絡をとっているとみられる。

 映像は4日、インターネットの動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」で公開された。海保の巡視船「よなくに」「みずき」に中国漁船「●晋漁(びんしんりょう)」が衝突した場面や漁船が違法操業している場面を撮影したもので、約2分半~11分半の計6本、合計で約44分間あった。

 映像の投稿者名は「sengoku38」となっており、4日にユーチューブのアカウントを登録。5日に自ら映像を削除したが、コピーされた映像がネット上に多数拡散している。

 海上保安庁や検察当局のこれまでの調査などで、映像の長さや挿入された字幕などから、映像は石垣海保が証拠資料として数時間あるとされるオリジナル映像を編集、那覇地検に提出した十数種類の映像のうちの一つと判明。

 海保は現地に職員を派遣。関係者への聞き取り調査のほか、石垣海保のパソコンの履歴を解析するなどして、流出元の特定を急いでいた。

 が・・・投稿者は自ら名乗り出て、国民の知る権利が圧倒的に支持されて公開となった。
これで中国の主張はくつがえされた!当たり逢えだが。

 今更ながらに思うが!今だに中国は民主国家ではない!
日本への観光客のマナーは最低。ポイ捨てなんて当たり前。貧富の差はギネスレベル!
GNPはうなぎ登りと言われているが・・・
その日暮らしの食えない国民はかなりいると思う。絶対に!

 中国の問題は、北朝鮮のおバカ問題もある。(韓国への一方的な攻撃)
慌てて6国協議を再開しようと提案した。

 韓国もアメリカも、わが日本もテーブルに着くのは難しいだろう。
そんな事を判りきって提案した中国!やはり低レベルだとしか言いようがない!

 中国は、いわゆる覇権主義を即座にやめるべきだ!北朝鮮レベルだと笑われるぞ。
 

陸山会事件:小沢氏「離党、辞職せず」 検察審に不快感

 投稿者:管理者  投稿日:2010年10月 9日(土)16時12分39秒
   民主党の小沢一郎元代表は7日、東京第5検察審査会の議決で強制起訴されることを受けた離党や議員辞職について「そのような意思は持っていない」と否定した。

 証人喚問や衆院政治倫理審査会(政倫審)での説明については「国会の決定に従う」としつつも「司法の場で事実関係を明らかにしたい」と消極的な姿勢を示した。衆院議員会館で記者団に語った。4日の検察審査会の議決後、小沢氏が公の場で発言したのは初めて。

 一方、岡田克也幹事長は7日の記者会見で、党として小沢氏から直接事情聴取する意向を示した。

 小沢氏は記者団に「私が必要とされる限り、政治活動は続けていく」と主張。検察審査会について「平均年齢が(約)30歳ということしか分からず、全く秘密のベールに閉ざされている。どういうことで(起訴すべきだとの)結論が出たのか全く分からない」と不快感を示した。

 こうした小沢氏の姿勢を受け、政府・民主党は苦しい状況に追い込まれている。菅直人首相は7日夜、首相官邸で記者団に「まずは党務をお願いしている幹事長に検討してもらう」とだけ述べた。

 岡田氏は小沢氏の処分について「12日の役員会で議論したい」と述べたが、役員会メンバーで小沢氏に近い輿石東参院議員会長は「裁判の結果を待てばいい」と、処分は不要との考えを明言した。

 党幹部は「12日には決定しない」と早くも先送りを示唆。離党勧告などの厳しい処分は困難な情勢だ。首相に近い党幹部は「小沢氏は、離党しなければ党が困ると思って(あえて)離党しないのでは」とこぼす。

 執行部が厳しい処分をためらう背景には、今回の起訴が一般市民による検察審査会の議決による起訴だという点がある。いったん検察が不起訴にした事件だけに、小沢氏が無罪になる可能性も否定できないからだ。

 小沢氏を支持する「一新会」の松崎哲久衆院議員は「検察審査会の議決による起訴の場合、無罪推定はより強く働く。政治家の行動も必ずしも縛られない」と主張する。

 菅首相も7日の参院本会議の代表質問に対する答弁で「議員が検察審査会の議決で強制起訴されるケースは今回初めてであることを踏まえ(岡田)幹事長が検討している」と述べるにとどめた。

 だが、執行部は処分だけでなく、小沢氏に国会で説明するよう求めることにも及び腰だ。

 それを見透かすように、自民党の山本一太参院政審会長は「参院では議決して証人喚問が実現するよう最大限努力する」と「ねじれ国会」下での多数決をちらつかせてけん制。社民党も7日、小沢氏の政倫審出席を求める方針を決めた。

 執行部がこの問題で何の対応もできなければ、世論の批判が高まるだけでなく、国会運営も厳しくなり、菅首相の指導力にも疑問符が付く。牧野聖修前国対委員長代理は「いつまでも小沢氏の判断に任せるだけでは、政治状況も国民も許さない」と語った。

 小沢氏は7日夜、東京都内のホテルで、旧知の依田紀基九段と囲碁を打ち、「これからも頑張っていく」と今後の政治活動に意欲を示したという。議員辞職は当たり前の事だと思うのだが!

 国民=有権者の多くは、陸山会事件は小沢氏が関わっているのは間違いないと思っているだろう。しかし検察審査会のメンバー11人も選ばれた有権者である。どの様な証拠書類を参考にしたのか。どの様な議論内容だったのか。ベールに包まれたままだ。

 検察が不起訴を決定し、小沢氏と言えどもマスコミ報道に誘導された結論であってはならない。検察審査会のあり方も含めて明らかにできる所は明らかにする改善が必要である。冤罪大国日本なのだから・・・。
 

証拠隠滅容疑で大阪地検特捜部主任検事を逮捕

 投稿者:管理者  投稿日:2010年 9月22日(水)11時07分7秒
   障害者団体向け割引郵便制度をめぐり偽の証明書が発行された郵便不正事件で、証拠品として押収したフロッピーディスク(FD)を改竄(かいざん)していた疑いが強まり、最高検は21日夜、証拠隠滅容疑で、大阪地検特捜部検事で、この事件の主任を務めた前田恒彦容疑者(43)を逮捕した。

 合わせて前田容疑者の大阪府内の自宅や大阪地検の執務室などの捜索令状を取った。最高検は検察側の描いた事件の構図に沿うよう改竄した疑いが強いとみて全容解明を進めるようだ。

 無罪判決の確定が確実な厚生労働省の村木厚子元局長を起訴した一連の捜査の問題は、検事の刑事責任追及に向かう異例中の異例の事態となった。

 関係者によると、改竄されたのは特捜部が昨年5月26日、村木元局長の元部下だった上村勉被告(41)=公判中=の自宅から押収したFDの最終更新日時。当初の「2004年6月1日」から、検察側主張に沿う「6月8日」に書き換えられていたという。FDには偽の証明書や文書作成のデータが入っていた。

 検察関係者によると、前田容疑者は大阪地検の20日の事情聴取に「誤って書き換えてしまった」と改竄の事実を認めたという。

 大阪高検は同日、最高検にこの事実を報告。最高検は21日、最高検検事を主任とする特別の捜査チームを立ち上げ、捜査を開始。東京高検、東京地検の検事、事務官計4組を大阪に派遣した。

 村木元局長の弁護人も同日、証拠隠滅罪などでの刑事告発を検討する方針を表明した。

 前田容疑者は平成8年に検事に任官。東京、広島、水戸などの地検を経て、18年4月から東京地検特捜部に在籍。20年4月から大阪地検特捜部。

 菅直人首相は21日夜、「最高検が厳正に捜査をし、厳正に対応をするといわれているから、そうあるべきと思う」と述べ、最高検検事を主任とした捜査チームの捜査を見守る考えを示した。

 一連の郵便不正事件で明らかになった事は、最高検が不正をしていたことであり、法治国家としての国民からの信頼が失われた事である。最高検を信じられない国とは法治国家とも言えない。
 1番信頼されるはずの最高検の不正は、世界的にも屈辱的な事件でもある。やはり日本はいまだに後進国であり、冤罪大国なのか?
 

<民主代表選>政界再編にらむ野党

 投稿者:管理者  投稿日:2010年 9月 1日(水)07時14分1秒
   民主党代表選挙が菅直人首相と小沢一郎前幹事長の全面対決の構図になり、野党各党には「民主党の分裂は避けられない」との見方が広がっている。自民党幹部は「選挙が終わった瞬間、いろいろな動きが一気に出る。判断を間違ってはいけない」と警戒感をあらわにするなど、野党側は懸念を深めている。しかし一方では、与野党を巻き込んだ再編への発展に期待する声も上がっているようだ。

 新進党時代に小沢とたもとを分かった自民党の石破茂政調会長は31日、毎日新聞の取材に対し「歓迎すべきことだ。政策も政治手法も異なる2人が同じ政党にいるから物事が決まらなかった」と述べ、菅氏と小沢氏のどちらが勝っても民主党の分裂は必至との見通しを語った。

 菅、小沢両氏は会談で選挙後の協力を確認したが、野党にこれを額面通り受け止める向きは少ないだろう。公明党幹部は「絶対にそんなことはできない。相当激しい選挙になるから間違いなくしこりを残す。民主党政権の終わりの始まりになる」と指摘した。

 自民党執行部は代表選を巡る民主党の動向に神経をとがらせてきた。自民党内にも与党復帰を目指し、小沢氏との連携に期待を寄せる動きがあるためだ。谷垣禎一総裁は31日午前の党役員会で「代表選は国民不在の権力闘争と言わざるを得ないが、冷静に見て、秋の(臨時国会での)戦いに向けての体制を準備しなければならない」と述べ、党内の結束を呼びかけた。

 小沢が公明党とのパイプを持つことも政界再編論に現実味を与えている。ただ、小沢は「政治とカネ」の問題を抱えるだけに事情は複雑だ。記者団からこの点を問われた公明党の山口那津男代表は「(検察審査会の議決を)織り込み済みで(立候補を)表明したと理解している。民主党のみなさんがそれを含め判断されると思う」と述べるにとどめた。

 対照的に、みんなの党の渡辺喜美代表は「人騒がせ。残暑厳しき折、不快指数がますます高まった」と民主党の混乱を批判し、小沢氏に対しては「万が一勝つようなことがあれば、(『政治とカネ』の問題を)国会で徹底して追及する」と対決姿勢を鮮明にした。一方で、「好き嫌いではなくアジェンダ(政策課題)にのっとった政界再編であるべきだ」と推移を見守る考えも示した。

 参院選で伸び悩んだ「たちあがれ日本」には政界再編への期待感が強い。藤井孝男参院代表は「(代表選は)再編につながると前向きにとらえている」と評価した。

 いずれにしても小沢の行動は、国民生活無視の権力闘争そのものでしかない!国民の声に聞く耳を持たない小沢は日本政治をますます崩壊させ、日本沈没を進める輩であり、金権政治屋としか言いようがない日本政治の恥部である。

小沢と鳩山は即刻政界を去るべきだ!国民のために・・・。
 

小沢代表当時の資金配分を調査

 投稿者:管理者  投稿日:2010年 8月29日(日)15時41分32秒
   菅首相に近い民主党幹部は28日、小沢一郎前幹事長が2006年~09年の代表当時、「組織対策費」として特定議員に政治資金を集中的に配分していたことを問題視し、調査に入っていることを明らかにした。

 9月の党代表選で小沢氏の政治とカネの問題に焦点をあてることで、首相支持につなげる狙いがあるようだ。

 これに対し、小沢氏側近の松木謙公国会対策筆頭副委員長は28日のテレビ東京の番組で、「小沢氏は近くの人だけにお金を渡しているとされるが、とんでもない間違いだ。『選挙資金を不正に使っている』と、内々で言うのは良くない」と述べ、批判した。

日本共産党「しんぶん赤旗」によると

「民主・小沢代表時代 山岡氏らに23億円」
「組織対策費の99% 使途不明」

という見出しで、

 民主党の小沢一郎幹事長が代表だった2006~08年に、山岡賢次財務委員長(現国対委員長)など4議員に「組織対策費」として、計約23億円ものカネが党本部から支出されていたことが分かりました。受け取った議員側には政治資金収支報告書への記載義務はなく、何に使われたのか、不透明な支出として問題になりそうです。

 民主党の政治資金収支報告書によると、組織対策費として党本部から議員側に巨額支出が始まったのは06年。ライブドア事件にからむ「偽メール問題」で辞任した前原誠司代表(当時、現国土交通相)の後をついで小沢氏が、同年4月、党代表に就任してからのことです。06年9月25日に、山岡財務委員長に対し、6800万円を支出したのが最初です。

 参院選のあった07年には、7月29日の投票直前の7月9日に2億円など、8月7日までに計10回、1回あたり5000万~2億5000万円、計16億円を山岡氏に支出しています。また、選挙対策委員長を務めた鉢呂吉雄衆院議員に2月19日に1000万円、6月26日に500万円を支出。

 山岡氏は同年8月、財務委員長を佐藤泰介参院議員に譲り、国対委員長となりましたが、同年11月20日~08年4月にも計4回、計3510万円の支出がありました。
 後任の佐藤氏は、08年3月28日~11月12日までに計5回、1回あたり500万~2億円、計5億3000万円の支出を受けていました。

 このほか、組織対策費の支出を受けていたのは、輿石東参院議員会長で、07年9月27日~08年11月10日までに、計4回、毎回1000万円の計4000万円。
 財務委員長を務めた山岡、佐藤両氏への支出が突出していますが、4議員への組織対策費の支出の合計は、06~08年の3年間で、22億8810万円にのぼります。

 組織対策費は、ほかに鳩山由紀夫首相の偽装献金疑惑で代理人となっている弁護士らへの報酬や法律顧問料、党員証印刷代、支部会計ソフト作成費などがあるだけで、4議員への支出が組織対策費の98・9%を占めています。

 民主党は、08年に約118億8000万円もの政党助成金を受け取るなど、税金に大きく依拠した政党です。特定の政治家への使途不明の巨額な支出は、その原資に政党助成金が含まれている可能性があるだけに明確な説明が求められます。
と書いてある。

 これが本当なら大変な問題だ!私見だが、小沢前代表ならあり得ると思うのだが・・・。

 そもそも献金疑惑で説明責任すら果たしていない小沢前代表が、9月の代表選に出る事自体何を考えてるのか!と言いたい。
しかも鳩山前代表が支持をすると言う。1週間で小沢支持とは呆れて物も言えない!いまだにブレているらしい。民主党の足を引っ張り、民主党を解体しようとしているのか?

 小沢前略ならあり得る。参議院でネジレ国会になり、政界再編を狙うという目論みはあり得る。と思うのだが・・・。
 

何を考えてるんだか?

 投稿者:管理者  投稿日:2010年 7月28日(水)09時53分50秒
  42人処分 IC乗車券で不正乗車

 JR東日本は21日、IC乗車券Suica(スイカ)などで不正乗車を繰り返していた社員31人とグループ企業社員11人を処分し、うち常習性の高い社員9人を懲戒解雇、1人を諭旨解雇、グループ企業社員10人も解雇したと発表した。

 首都圏でJRと私鉄がIC乗車券の相互利用を開始した07年春以降を調査した結果、処分を受けた42人はIC乗車券の入場データを窓口精算機で削除したり、磁気式通勤定期券を不正乗車防止システムで有効期間を解除して一部区間を無賃乗車していた。不正総額は83万960円。

 社員のうち最多は2年3カ月間に279回をキセルし、8万300円を免れていた。不正総額は31万6590円。グループ企業は改札業務2社9人と東京モノレール社員2人で、51万4370円の不正をしていた。

 処分の内訳は、グループ企業も併せて懲戒解雇18人、諭旨解雇2人、出勤停止4人、減給11人、戒告7人。

 JR東日本は、直通運転を実施している私鉄など7社に不正乗車分の運賃を弁済する

JR東日本のグループ社でも、不正乗車で11人処分

JR東日本の社員による不正乗車行為は、JR東日本のグループ会社にも及んでいる。

 東日本環境アクセス」(原田尚志社長)は、駅舎や車両の清掃検査を主体とするが、JR東日本の駅務員としても勤務する。

 同社の7人が、JR東日本の社員と同様の手口で、窓口端末を不正操作。IC乗車券の入場情報取消を行ったり、不正乗車防止システムを解除するなどして、37万880円を詐取した。全員懲戒解雇されている。

 また、「JR千葉鉄道サービス」(後藤慎悟社長)では2人で2万2600円、「東京モノレール」(中村弘之社長)でも2人で12万890円の不正行為が発覚。駅内の端末で入場情報を取り消した。懲戒解雇や諭旨解雇、出勤停止になっている。

 東京モノレールは、港区浜松町から羽田空港の17.8kmを運行する鉄道事業者だが、同社に勤務する駅務員の不正行為はない。

 JR東日本(清野智社長)の駅員と車掌合わせて31人が関与した不正乗車について、深澤祐二常務取締役は用意したプレスリリースを読み上げた。

 「お客さまをはじめ、関係の皆様にご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。当社では、今回の事態を厳粛に受けとめ、社員に対する指導・教育を徹底し、再発防止に取り組んでまいります」

 不正は駅内部に立ち入ることのできる社員でしかできない方法だった。勤務先であるJR東日本の端末を使って不正操作されたものだが、被害の大半は、JR東日本以外の鉄道会社にもたらされたものだった。

 東京臨海高速鉄道、小田急、東京メトロ、JR東海、東武、東葉高速鉄道、横浜高速鉄道が被害に遭っている。


 職務乗車証についているSuica(スイカ)機能(IC乗車券)を使った不正乗降はこうだ。

 他社線の入口で、初乗り料金で改札を通過する。出口は勤務先となるJR東日本の区間。そこでは改札口を通らず事務室へ直行し、窓口精算機で入場情報を取消して課金を免れるのだ。

 同社が貸与する職務乗車証は、JR東日本の路線は無料なのに、それでも足りなかったらしい。

 磁気式定期券を使った不正は、もっと悪質だ。事前に通勤定期券の不正乗車防止システムを、勤務先の端末を使って解除した。定期券区間外の駅から乗るときは、初乗り乗車券を購入して入場し、定期券の区間内で出る時には通勤定期を使うのだ。

 一般利用者の場合は、入場記録がないと自動改札機のゲートが閉まるが、不正乗車防止システムが解除されているので、自動改札機を通過しても不正乗車にはならない。

 不正乗車防止システムは一度解除すると、定期券有効期間中は解除されたままであることを悪用したケースだった。

 こうした手口で不正乗車を繰り返し、社員31人、不正金額31万5130円が発覚した。不正乗車による被害額は最高8万300円。最も多い社員で、279回の不正行為を繰り返していた。その期間は07年5月から10年6月の直近まで続いていたという。

 社員31人については、懲戒解雇(9人)、諭旨解雇(1人)、出勤停止(3人)、減給など(18人)の処分。

 また、管理監督責任を問われ、原口宰取締役営業本部長が、報酬月額の10%、1か月の減給。ほか支社営業部長ら11人が処分された。

 調査は、不自然な入場情報の取消しが行われてるIC乗車券の処理データの調査に加え、他の鉄道会社を乗り継ぎ磁気式定期券で通勤する社員6000人を対象にして実施された。

 JR東海113人不正乗車などの報道を受け、調べてみたら自社でもという事態に、深澤祐二常務取締役は「今年度中に解除記録を残せるようシステム回収を行い、定期的に調査し、再発防止に努める」と話した。

 今回の不正行為は、JR東日本の会社体質でもたらされたものである。恐らく氷山の一角であろう。こんな会社体質をチェックするはずの労働組合もまた呆れるばかりだ!

 昇給は定昇のみ!55歳になると基本給10%の減給。57歳になると更に10%減給になるそうだ。55歳になれば会社を退職しろと言わないばかり!これじゃ不正行為が発生してもおかしくないJR東日本会社だ。
 

レンタル掲示板
/11